*

巨人 田口麗斗が初先発初勝利。決勝タイムリーも放つおまけつき。19歳6カ月の救世主。

公開日: : 野球

今日14時試合開始の

ヤクルト 対 巨人の2回戦は、

ヤクルトのベテラン左腕

小さな大投手こと、石川雅規投手と

巨人のプロ初先発、弱冠19歳の

左腕・田口麗斗投手との

投手戦になりました。

しかし、田口投手の背番号90は

目立って仕方ないですね。

田口選手は見事初先発・初勝利。

しかも、みずからも

ラッキーな逆転タイムリーを放ち、

投打に活躍というオマケつきです。

今日は

広島の黒田投手もタイムリーを

打っています。

こちらは、外の変化球を

綺麗にライトへ運んだヒットでした。

 

ヤクルト先発の石川投手の

真ん中のストレートに

完全に振り遅れていて

ボテボテのあたりのサードへの

内野安打でした。

この初ヒットのボールが

大事そうにベンチへ届けられて

いたのが印象的でした。

この時点で、

今日はいけるんじゃないか

と思いましたね。

 

ピッチングの内容としては、

7回を投げて

投球数は122、

打者25人に対して5安打、

奪三振は5個でした。

2回には、

4番雄平選手のピッチャー強襲ヒット

5番畠山選手が三振した後

6番田中浩康選手のセンターへの

タイムリーツーベースヒットで

1点を失うのですが、

この回のアウトは全て三振という

ピッチングでした。

雄平選手に続く

畠山選手にはストレートで追い込み、

3球目のスライダーで空振り三振。

ワンバウンドするくらいの

落差があるスライダーで、

前評判通りといった感じです。

1点を取られてからも

荒木選手をボールになる

スライダーで空振り三振。

中村選手には、

6球もファウルで粘られましたが

ストレートで見逃し三振と

圧巻のピッチングです。

(後半へつづく)

 

 

田口投手の立ち上がりは、

1番川端選手をショートゴロ、

2番大引選手をレフトフライ

3番山田選手を空振り三振にとり、

3者凡退の立ち上がりです。

山田選手を三振に取った球は

真ん中高めのスライダーですが、

キャッチャーの構えとは

違う場所でしたので、

まぁ結果オーライだなと

思っていたんですが、

終わってみれば、

ピンチらしいピンチは、

得点を奪われた2回と

7回くらいでしたね。

球種は、

ストレート・スライダーを主体に

チェンジアップを織り交ぜる感じ。

7回までに取った全てのアウトは

21個ですが、

先ほど述べたとおり三振は5個。

送りバントがあったので、

残りのアウトは15個ですが、

そのうち11個は内野ゴロで

残りは外野フライなので、

理想的なピッチングと言えるでしょう。

 

田口投手のスピード自体は

130キロ台がほとんどであり、

最速139キロだったと思いますが、

投球内容を見ると、

スピードだけがピッチャーじゃないよ

ということを示してくれるような

お手本のピッチングだったと思います。

8回はマシソン投手が8球で三者凡退に

抑えて、

9回は守護神澤村投手が

田中選手にヒットを打たれたものの

無失点に抑えて、2セーブ目。

 

巨人の打線の方は、

色々と打順を入れ替えたものの

あまり元気とは言えませんでしたが、

6本のヒットのうち、

4本を4回に集中させて、

効率よく得点はできたと思います。

4回は

4番坂本選手が見逃し三振

5番長野選手がセンターフライと

2アウトになってから、

下位打線の

6番井端選手がお家芸のライト前

7番村田選手がピッチャー強襲ヒット

8番實松選手がライト前で

9番田口投手が三塁への内野安打です。

ただ、ヤクルトも今日は破れましたが、

ピッチャーは相変わらず2失点ですから、

昨日打ち立てた

開幕13試合連続3失点以下の記録は

継続中ということになりますね。

明日も14時試合開始で、

巨人がルーキー高木勇人投手

ヤクルトが2年目杉浦稔大投手の

先発となっています。

高木投手は開幕2連勝ですが、

杉浦投手は開幕2連敗なので、

明日はヤクルトに頑張ってほしいですね。

(おわり)

 

関連記事

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模 第97回

記事を読む

カープ7連勝は堂上剛裕に阻まれた。マエケンは自滅だな。

カープの連勝が6で止まった。 7連勝できなかったのは、 非常に痛いと思う。 連勝が止まった

記事を読む

くじ確認ミスで高山は阪神 金本監督「ビデオ判定でホームランに覆った気分」

くじ確認ミスで阪神は高山選手、仙台育英・平沢はロッテ、県岐阜商・

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

黒田3安打120球完封 10年ぶりの巨人戦完封

2016年4月2日の巨人対広島の2回戦は、広島の黒田投手がジ

記事を読む

鹿実のサブマリン・谷村好投もエラーで敗戦、智弁学園・福元2ラン

智弁学園、鮮やか逆転、7回に一挙4点で3回戦進出

記事を読む

大阪桐蔭、次は常総学院と激突。

東の横綱、かもしれない常総学院 1回戦は16安打、13盗塁と 圧倒的な力で快勝。 今日の2

記事を読む

仙台育英 早実を7-0で決勝進出!清宮号泣?甲子園の土持ち帰らず。佐藤世那のフォークと平沢大河の3ランで快勝

早実・清宮はセカンドへの内野安打1本に終わる。甲子園の土は持ち帰

記事を読む

センバツ優勝は智弁学園・11回裏エース村上サヨナラ打。5試合完投1人で投げ抜く

智弁エース村上決勝打。高松商、11回裏ファインプレー

記事を読む

ロッテ 京大 田中 2回4失点KO。日ハム斎藤佑樹は論外 8失点KO。

久々の実戦、ロッテ田中英祐投手 4月29日(水・祝)に登板が 予想されている ロッテの田中英祐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2020年8月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑