*

マエケン メジャーでソロホームラン 日本では2本、高校通算は27本塁打

公開日: : 野球

前田健太はPL時代、大阪桐蔭の辻内からの死球後に意地のホームランを放つ

広島カープの絶対的エースで2015年は沢村賞を獲得した前田健太投手(現アメリカ大リーグ・ドジャーズ)が、現地で4月6日のパドレス戦に先発しました。

ドジャースは1回表に幸先よく4点を先制したので、マエケンは持っているなぁと思います。広島時代の2014年だと試合を壊すことも多かったですが、広島在籍期間全体を見てみると、チームの打線のために、勝ち星がつかないことも多かったと思います。

マエケンは、1回裏を三者凡退で投げ切り、その後も5回を投げて3安打無失点というピッチングです。6回に2本のヒットを浴びるピンチもありましたが、失点0に抑えました。6回を投げて、奪三振4、被安打5のピッチングです。

4回表には、自分自身でメジャー初ホームランを放っていますし、そういう意味でも持っていると言ってよいのではないでしょうか。

そもそも、広島時代からバッティングは良いと言われていて、同僚の選手会長梵選手からは、打者以上の評価をもらっていました。

日本の広島時代は、2015年と2008年にホームランを放ち、高校のPL学園時代は通算27本塁打を放っているスラッガーでした。いわゆる4番でエースとして大活躍しましたが、甲子園に出場できたのは、3年の選抜のみです。

2015年のホームランは10月2日の中日戦。将来のエース候補ともいえる若松投手からの2ランホームラン。
2008年のホームランは9月28日のヤクルト戦。こちらも当時はヤクルトのエース的存在だった川島亮投手からのホームランです。川島投手はヤクルトの絶対的エースナンバー「17」を背負っていた投手ですが、もう少し活躍できたような気がしています。

特に印象的だったのは、高校2年生の夏です。元巨人の辻内擁する大阪桐蔭高校に破れてしまいますが、5回途中まではPL学園優位の展開でした。1点をリードした状態で、大阪桐蔭から右ひじ付近に死球を与えられ、その後、大阪桐蔭の4番平田(中日)に2ランホームランを浴びて逆転されます。

前田投手は、9回に意地のホームランを放ちますが、及ばずでした。

大阪桐蔭高校には、何かと死球が付きまとうようですが、真相はどうなんでしょうか・・・。

関連記事

神村学園(鹿児島)も第二大阪代表だった

前回、大阪出身者の野球越境入学が 多いことをお話したわけですが、 結構、意外な学校にも大阪出身が

記事を読む

巨人のユニフォーム

ああ、もう3月になってしまった。 ああ、もう2015年になってしまった。 年を重ねるにしたがって

記事を読む

カープとまらず泥沼6連敗。またサヨナラ負け。福井はまずまず。リリーフが守れない・・・

プロ野球が開幕して1週間。 セリーグは、 全チームが8試合を消化した時点で、 順位はこのように

記事を読む

カープ、泥沼7連敗。また延長で敗戦。大瀬良は9回に力尽き、一岡はまた負け投手。

今日は、キムタク選手の命日ですが、 キムタク選手はどっちを 応援しているんだろうか そう考えて

記事を読む

広島・オスカル登板過多だろ、5点差を逆転される

中日の逆転勝ち。広島はジョンソンで開幕2連敗

記事を読む

カープ7連勝は堂上剛裕に阻まれた。マエケンは自滅だな。

カープの連勝が6で止まった。 7連勝できなかったのは、 非常に痛いと思う。 連勝が止まった

記事を読む

黒田3安打120球完封 10年ぶりの巨人戦完封

2016年4月2日の巨人対広島の2回戦は、広島の黒田投手がジ

記事を読む

東大惜敗 13年ぶり勝ち点ならず!法大に1勝1敗 3回戦は宮台先発?

東大野球部、2002年以来の勝ち点奪取はならず。法大に4―6で惜

記事を読む

DeNA貯金10は17年ぶり。黒田5回降板。田中広輔は頼もしいが、一岡は心配。

  5月15日からは DeNA-広島の3連戦。 カープは黒田博樹投手が 中13

記事を読む

斎藤佑樹 8月8日先発? 早実と一緒に勝利なるか?

8月8日 第3日第一試合は早稲田実(西東京)対今治西(愛媛)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑