*

松山東と二松学舎の不思議な縁

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 野球

今回の選抜で、

ある意味最も注目されたのが

松山東高校かもしれません。

偏差値の高い進学校で

21世紀枠ということ、

また、82年ぶりの出場

ということもあって

話題になりました。

 

21世紀枠となると

気になるのが野球の実力。

当然、特別枠といっても

高野連は、

甲子園出場校の実力から遠い学校を

選ばないでしょう。

確認してみると、秋の愛媛県大会で

決勝で今治西に敗れ、

四国大会では1回戦で鳴門に敗れています。

これを見ると、

甲子園出場に関して遜色はないが、

甲子園で勝てるかというと疑問

というところだと思います。

 

一方の二松学舎。

実力勝負の世界とはいえ、

この学校ほど、甲子園に見放された

学校はないと思います。

夏の甲子園の東東京予選で

通算10回も準優勝という悲劇。

特に、2002年~2004年までは

3年連続で敗退。

監督さんもずいぶん悩んだんじゃ

ないでしょうか。

そして、11回目の正直で

2014年の夏は甲子園出場を果たし、

今回の春も出場というわけです。

 

この二校の対決が決まった時、

気になったので確認すると、

やっぱりそうでした。

夏目漱石つながりです。

二松学舎の前身の学校で学んだ漱石が

英語教師として赴任したのが

松山東の前身の学校というわけ。

 

自分は、意味も分からず

漱石を読んだ経験がありますが、

作品の内容はともかくとして、

国文学的知識はまだ健在でした。

それに、

祖父は二松学舎と縁があったので、

話題になる前から、

この2校のつながりは認識していました。

(後半へ続く)

 

 

今日の試合、

結果はご承知のとおり、

見事、松山東の勝利。

内容としては、

高校野球らしいゲームというか

点数の割には

しまったゲームという感じ。

両チームとも、

少ないチャンスに得点したから、

そう感じるのかもしれません。

それと、両方のエースが

投打にわたって活躍したんで、

盛り上がった感じがします。

 

印象に残ったのは、

7回の勝ち越しタイムリーと

8回のピンチを抑えた場面でした。

7回のタイムリーは

1死、一塁二塁から

送りバントもあるとみせかけて

揺さぶって粘って

最後はフルカウントから

空振りしそうな変化球を

うまくすくいあげてレフト前。

思わず、うまいと叫んでしまった。

この日、

二松学舎の大江投手は、

10個以上三振を取っていたと思う。

その決め球を打ったんですよ。

今回も空振りかなと思ったんですが

よく打ったと思います。

 

一方、8回のピンチ、

松山東の亀岡投手が

キャッチャーのサインに首を振って

最後に放ったのは、

インコースのストレート。

相手は、手が出ず見逃し三振。

この一球は、松山東が勝つかも

と思わせるものでした。

試合後のインタビューを聞くと

亀岡投手の今日の試合のテーマが

インコースだったそうです。

自分で80点のピッチングと

答えていましたが、私もそう思います。

 

でも、正直言って、失礼ながら、

松山東が勝てるとは思わなかった。

どこまで、勝ち進めるかわかりませんが、

今後も試合を見ていきたいですね。

(おわり)

 

関連記事

カープ芸人、最高視聴率は石原捕手のインチキ演技!

アメトークで、 再びカープ芸人が扱われるのみならず、 その視聴率がニュースになるなんて、 時代

記事を読む

サンデーモーニング 3000本安打の張本氏、性格が悪いと自虐発言

大谷に大あっぱれ、オリックスのシーズン捕逸0に喝 20

記事を読む

スザンヌと離婚した斉藤和巳!上田桃子と不倫だと、女性関係もダルビッシュ似?

スザンヌさんって、 名前も見た目もハーフっぽいけど そうじゃないんですね。 本名が山本紗衣さん

記事を読む

巨人 菅野8回3安打10奪三振 澤村〆 人工芝のバウンドで勝利。アンダーソンのエラーは勘弁。

今日の巨人・広島戦 前回の3連戦も 菅野投手と前田健投手の 投げ合いがあって、 その時は

記事を読む

開幕一軍メンバー発表、広島カープが今年は注目みたい

もう、今年も、3月26日。 平成26年度が終わろうとしています。   気が付いた

記事を読む

カープ7連敗後の2連勝。マエケン7回無失点で初勝利。中崎、ヒースで締めた。

今日は、 G 菅野智之投手 C 前田健太投手 のエース対決。 結果は1-0の最少得点差で

記事を読む

サンデーモーニング 張本が栗山監督に喝!山田はあっぱれ

張本勲、栗山監督は大谷選手をもっと大事に使うべき

記事を読む

東海大相模 45年ぶり優勝 エース小笠原が決勝ホームラン 仙台育英、1年生・西巻航大の起用当たる

原貢監督以来の優勝、2枚看板の東海大相模 第97回

記事を読む

巨人 田口麗斗が初先発初勝利。決勝タイムリーも放つおまけつき。19歳6カ月の救世主。

今日14時試合開始の ヤクルト 対 巨人の2回戦は、 ヤクルトのベテラン左腕 小さな大投手

記事を読む

8月6日 甲子園開幕戦は鹿実が北海を橋本・有村・堂脇のリレーで圧勝!

8月6日は広島の原爆、鹿児島では8・6水害の日 201

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑