*

野村5回5失点の誤算。甲子園での悔しさを思い出せ!

公開日: : 野球

広島 対 横浜 の2回戦。

まちがった、

広島 対 DeNAです。

いまだに、横浜とか大洋の方が

しっくりくるのは、

年を取ったせいなのか。

 

今日も、DeNAペースで

中畑監督大喜びでした。

9回にルーキー山崎康晃投手が

3点取られたこと以外は、

言うことなしでしょう。

 

ちなみに、広島のスタメンは、

また前日と違っていました。

—–

1番 ライト 野間峻祥

2番 セカンド 菊池涼介

3番 センター 丸佳浩

4番 ファースト グスマン

5番 レフト 松山竜平

6番 セカンド 田中広輔

7番 サード 木村昇吾

8番 キャッチャー 石原慶幸

9番 ピッチャー 野村祐輔

—–

前日との違いは、

梵が下がって、

サードが木村昇吾、

ショートが田中広輔。

どういう基準での起用かわからない。

セカンド菊池との連携を考えて、

ショートを田中にしたのかな。

それと、キャッチャーは

どうして石原なんだろう。

ピッチャーによって、

使い分けているのだろうか。

個人的には、キャッチャーは

會澤で固めてほしいなぁ。

今日は、

田中広輔にタイムリーが出たから

よしとするかな。

(後半へつづく)

 

 

試合は、3回裏のDeNAの攻撃で

9番ピッチャー・モスコーソの

センター前ヒットから、

得点が生まれます。

1番に戻って関根選手が

ファーストゴロに倒れて

ランナーが入れ替わって1アウト1塁。

2番石川選手がど真ん中の初球を

ちょこんと合わせてレフトへ運ぶ。

これで1塁ランナーがホームへ。

3番梶谷選手がセカンドへの

内野安打で1アウト1塁3塁。

4番筒香選手の打球はセンターに

抜けそうでしたが、

打球が遅かったのでセカンドゴロに。

これで、DeNA2点目。

5回裏のDeNA。

関根選手のレフト前ヒットに始まり、

石川選手もレフト前ヒットで1塁2塁。

梶谷選手ライトフライで

2塁ランナーはタッチアップ。

1アウト1塁3塁

筒香選手は、初球をライト犠牲フライ。

ロペス選手、レフトポール直撃の

2ランホームラン。

これで勝負あった感じでした。

関根選手には、

真ん中高めのストレートを

石川選手には、

さっきより少し低めのストレートを

筒香選手のの犠牲フライは、

初球真ん中高めのスライダー。

ロペス選手のホームランは、

真ん中低めのチェンジアップ。

野村投手は、球速ではなく、

コントロールで勝負するタイプ。

でも、打たれた球は

コントロールミスじゃないのかな。

 

野村投手が

精密機械とよばれた北別府投手も

認める制球力を持つきっかけに

なったのは8年前。

2007年第89回の甲子園での

誤審騒動からはじまっている。

 

当時、広陵のエース野村君。

キャッチャーは巨人の小林選手。

決勝戦の相手は佐賀北高校。

4-0でリードしていて、

野村君は、7回1安打の快投。

だれもが、

広陵の優勝を確信していた。

しかし、8回裏、

ヒットとフォアボールがあって、

1アウト満塁のピンチ。

1ストライク3ボールからの

5球目は、ほぼ真ん中で

高さも低くない膝元の球。

ストライクに見えるんですが。

ボールの判定。

思わず、マウンドの野村君は、

これがボール?という表情で

苦笑い。

なお、満塁で

満塁ホームランを浴びるという悪夢。

被弾直後の野村君は

笑っていたけど・・・

この審判の判定に対して、

広陵高校の監督がコメントして

少々炎上気味になりましたよね。

 

この時のくやしさと

セレクションで早稲田大学に

受からなかったくやしさ。

これらをきっかけに、

コントロールに磨きをかけて、

明治大では1年次に防御率0.00。

甲子園の時期に野村投手が投げると、

いつもこれを思い出してします。

1・2年目のような

隙のないピッチングを

もう一度見てみたいものです。

野村投手の出来が悪いと、

リリーフ陣にも負担がかかって、

九里投手・永川投手は連投。

こっちも大丈夫かな。

明日、マエケンで勝てないと

カープは、

ちょっと辛いですね。

(おわり)

 

関連記事

中京大中京 名電に逆転勝ち 4番伊藤寛・エース上野の活躍で27度目の甲子園

中京大中京・エース上野はストレート一本勝負、名電・エース福本

記事を読む

日ハム・大谷初黒星 張本勲は喝を入れる?また飛ぶボールになった?

ついに、日本ハム・大谷投手の 開幕からの連勝記録が 止まってしまいました。  

記事を読む

ロッテ 田中英祐投手が京大初の1軍先発か。2軍で防御率0.00。

今日は、東京六大学野球の開幕ゲーム。 東大野球部が、はたして連敗を 止められるかが見所ですね。

記事を読む

嗚呼、ダルビッシュ

ダルビッシュさん、ケガしちゃっていたんですね。 右肘の側副靱帯を部分断裂といわれても、 一般人に

記事を読む

カープ 黒田2連敗 5割復帰・借金返済ならず セリーグ大混戦続く

久保のクイックが速すぎる! 7月7日(火)は、広島

記事を読む

斎藤佑樹、5点リードで、えっ、交代なの?

どうして パリーグは平日の昼に試合をするのか。 まだ春休みだからなのかな。 佑ちゃんの今季

記事を読む

敦賀気比初優勝! 大阪桐蔭戦に続く恐怖の背番号17番 松本哲幣外野手。

第87回センバツの決勝戦は 雨の影響で1時間遅れの 13時30分に試合開始。 雨がパラつく

記事を読む

カープ初勝利。ジョンソン完璧だが、打線は菊池のHRのみ。

開幕戦の嫌な雰囲気を吹き飛ばす ジョンソンの快投だった。 オープン戦から安定したピッチング

記事を読む

黒田初勝利。我慢の投球で無失点。マエケンとの違いを見た気がする。

開幕3戦目は、予定どおり黒田の先発。 日本でのマウンドは、8年ぶりでした。 黒田個人の影響と

記事を読む

仙台育英は、横綱相撲でした。

この試合、序盤から ちょっとイライラする試合です。 神村学園の北庄司投手 仙台育英の佐藤世那投

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑