*

Dr.倫太郎 最終回は結婚?夢乃=明良は人格統合?ハッピーエンドなるか

公開日: : ドラマ・テレビ

Dr.倫太郎 最終回は結婚?夢乃=明良は人格統合?ハッピーエンドなるか

病院内で夢乃を抱きしめた倫太郎。ついに医師としての一線を越えた!

⇒倫太郎は夢乃に振られました。詳細はこちらで。

第9話のエンディングで、倫太郎はついに夢乃を抱きしめました。これは、かなり意外な行動でした。
そもそも、倫太郎は第1話の初っ端から、恋は一過性の精神疾患であると断言していました。また、治療者は逆転移すると適切な治療をできないという強い認識のもと、医師と患者は一線を越えて恋愛関係になってはいけないという強迫観念もあったように思われました。倫太郎の精神科医としてのアイデンティティが患者と一線を置くことにあるといっていいくらいでした。

しかし、自分の基本的な方針を曲げてまで、医師としてではなく、明らかに異性として夢乃さんを抱きしめたのは、自分が異性として接しなければ、本当の意味で夢乃さんを救えないと考えたからでしょう。

逆転移というのは、難しい解説は色々あるでしょうが、簡単にいうと、治療者側、カウンセリングする側が患者側に感情的な反応を起こしてしまうことです。もちろん、ここでいう感情的=恋愛感情というわけではありませんが、恋愛感情を含むのは確かでしょう。専門家の方からすれば、言葉足らずな説明でしょうが、そこはご勘弁ください。

夢乃を救ったのは水島と荒木?

倫太郎の医師としてのポリシーを曲げさせた立役者?は、水島百合子(吉瀬美智子)と荒木重人先輩(遠藤憲一)なのかもしれません。
水島は、夢乃さんの騒動でマスコミに追われている倫太郎のために買い物をしてきた折に、倫太郎は夢乃さんにすごく残酷なことをしていると指摘しています。私が彼女だったら、病気だけじゃなくて、ちゃんと私を見てほしいと吐露しているのです。
少なくとも、明良の人格が倫太郎に好意を抱いていることは一目瞭然でしょうし、事故的状況であれキスしたという事実が彼女にとっては、残酷ということでしょう。
その他にも、倫太郎は自分が傷つきたくないだけで、いまこそいい精神科医になるために遠ざけてきた恋愛を考える時じゃないかとも指摘しています。そして、女性には死ぬまで忘れられないキスと死ぬほど忘れたいキスがあるとひとこと。
最終話の予告編では、夢乃さんから追い出されているような映像がありましたが、どういうことなのか。

また、倫太郎の先輩の荒木は、以前、倫太郎と同じような状態で患者を救えなかったということがありました。荒木は逆転移した御令嬢の里中さんを救うことができませんでした。正確にいうと、命は救えたが、記憶を失わせてしまい、家族からは死んだも同然だったと責められてしまっていました。それを踏まえて、荒木は、夢乃さんを絶対に救うように助言していました。荒木は、里中さんが自分を信頼していて惚れていたのをわかっていたのに、彼女を救えなかったのですから、痛恨の極みでしょう。

最後の患者は円能寺理事長

夢乃さん以外の患者さんは、なんと慧南大学理事長の円能寺一雄(小日向文世)。
池正行(石橋蓮司)報道長官に裏切られる形となり、新病院開院の野望が打ち砕かれ、取り乱してしまうのです。
池報道長官は、利害の板挟みに悩んでいましたが、倫太郎のアドバイスを受けて、一方の利害の矢を折ることにしたのですね。
取り乱した円能寺は、すべてが倫太郎のせいだと言いだし、急性ストレス障害と診断されます。まぁ、間接的には倫太郎のせいですが・・・

一方、池報道長官は、利害の絡みで苦しい思いをする中、自分がハゲであることを記者会見で暴露。この様子は、日テレ山本健太アナの父親である関西テレビの山本浩之さんの暴露にそっくりです。

関連記事

武田梨奈 五郎丸似の元彼・岩崎良平さんに告白失敗

武田梨奈の初恋相手は、中学校の同級生で変な人だった

記事を読む

有吉反省会 椿姫彩菜ははるな愛・KABAちゃんと不仲?イッターでの「呪」連発を反省!

椿姫彩菜は暁星学園(男子校)出身のファッションモデル

記事を読む

私の何がいけないの? ヴァニラが熊切あさ美に変身!

整形モンスター・ヴァニラが頬にヒアルロン酸注入

記事を読む

怒り新党 新3大は情熱がハンパない切り絵作家!福井利佐の水道橋博士が凄い!

切り絵作家・福井利佐さんはサッカー好き 平

記事を読む

相棒=ダークナイトであることが、開始3分でネタバレって・・・

みなさまご承知のとおり、 注目された相棒13の最終回は、 相棒である甲斐亨(成宮寛貴)が犯人

記事を読む

ごきげんよう最後の目は小堺さんの恋の話

タモリさんにいつから面白くなるんですか?

記事を読む

ロンハー ゆいPがトンツカタン森本にマジ告白 回答は保留!

トンツカタン森本はゆいPさんを利用したくない

記事を読む

有吉反省会 あべ静江が読者モデルのようなカワイイ生活を反省!禊は携帯なし3日!

あべ静江さんは元々子役&正統派歌手。パジャマパーティ好きでゲ

記事を読む

有吉反省会 元ロッテの里崎智也は結婚隠し・子供隠しを反省?

アイドル・大天使の里崎は隠し子・結婚騒動を反省?

記事を読む

怒り新党 引退試合の粋なお膳立て 村田が八百長?ヤクルト・鈴木健は15球粘る!

粋なお膳立て ヤクルト・鈴木健選手のファウルフライを横浜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  

  • 2021年11月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑